はやとの日誌

アラフォー男子のヤバイやつ

ベトナム人実習生

今朝、朝活のとき

お話をしていて、今度ベトナム人実習生を入れるという話になり

ホテルで一緒に働いていたベトナム人実習生のことを思い出しましたので

書き残したいと思います

名前等、一部変えてあります

 

 

 

ロンちゃん(仮称)

私が職場に入った時からいましたけど

最初の頃は、どの子がロンちゃんか分かりませんでした(^o^;)

私自身、仕事のことで余裕が無かったんですよね・・・

ロンちゃんの方も、精一杯だったと思います

 

そんな日々の中で、いつの頃からでしょうか

きっとお盆とか、その辺で職場全体が忙しく

また、ロンちゃん自身も任されることが増えていった

私自身は、ちゃんと仕事をやれるようになってきて

私の方に余裕が生まれ、ロンちゃんを少し手伝ったりしていたら

物凄く懐かれました

ソレが私は嬉しかったですね

そんな時から、挨拶したら笑顔で返してくれるようになり

段々と、こちらが

「ロンちゃ~~~ん!!」って手をオーバーに振って挨拶したら

「ハヤトさ~~~~ん!!」って向こうも返してくれましたしねw

そんな日々が、私は愛おしかったです

ちなみに、ロンちゃんは恥ずかしかったのか

他の人の前では絶対にやりませんでした(^o^;)💦

私の方は別に関係なくオーバーに挨拶してましたけどww

まぁ、流石に上司の前ではそんなオーバー挨拶はしてませんでしたが

実は見えないところで手を振り合ってましたw

 

 

ただ、ロンちゃんもまた、ブレーキの壊れた車みたいな所があり

あの子は誰よりも動き回るのに、休憩しない・・・

私はそれが心配で、ちゃんと休むように忠告していたのですが

結局、最後まで聞き入れられませんでした

ちょっとズルい大人の手も使ったんですけどね・・・

だって、上がロンちゃんにやたら仕事を押し付けるんですよ

日本人でも嫌になるぐらい

でも、ロンちゃんは何も言い返せないから・・・

私が14連勤ぐらいしていて、ロンちゃんも同じぐらいしていた時

私がブチギレて

「明日、私が出るからロンちゃんを休ませてあげて!」

「私が来た時ロンちゃんがいたらマジで連れて帰るから!」と宣言しました

本当にあいつら良いように使いすぎですよ

実習生を奴隷のように働かせる会社ってよく聞くけど

これの事なんだなって、理解しました

 

 

そんなロンちゃんと話をしていると、やっぱり寂しいかったと思いますよ

今でも覚えていますけど

「休日なにしてるの?」というこちらの問いに

「家(寮)に引きこもってる・・・」と寂しそうに言ってましたから

そりゃね、見知らぬ土地にたった1人でいるんですもの

周りに知り合いもいないなか

どこにも行けるわけもなく・・・

「今度どこか行こうか?」って聞いたら

「ハイ!」と元気よく返事をくれましたけど

それを実行する前にいなくなっちゃった・・・

あの時、どこかに連れて行ってあげれば良かったって未だに後悔しています

もう少し、楽しい思い出も作ってあげたかったなぁ

 

 

ある日

上司同士の会話で聞いた、ロンちゃんとの別れ

「北海道サムイ」と言ったらしいです

そりゃ・・・ね

ロンちゃん最後の日は私が休みだったので、直接会えませんでした

ちゃんとお別れが出来ませんでした

 

 

知り合いのいる東京の方に行ったみたいですけど

その後は知る由もないです

元気でいるだろうか

また1人で無理をしていないだろうか

寂しくないだろうか

私は心配です

 

実は寂しいのは私だけで、案外私のこと、忘れてたりしてね

それなら良いんです

 

ロンちゃんがいなくなってから、一度だけ夢に見ました

夢の中のロンちゃんは、凄い笑顔をこちらに見せてくれました

ソレはきっと、私の中の美しい思い出の1つなのでしょう

 

 

今日、人に話して懐かしくなったのと

昨日、部屋からロンちゃんの匂いがしたのでね

たぶん、ベトナム系の人が泊まったんだねって同僚と話をしていて

「ロンの匂いっぽい!」って同僚が話したのでね

懐かしくなってしまいました

 

 

死ぬまでに、もう一度会いたいな

もう二度と、ここに書くことはないでしょうけど

カテゴリーにも残しておきましょう