はやとの日誌

アラフォーメンヘラ男子のヤベーヤツ

3.11

仕事から帰ってきて、テレビをつけたら『震災特番』がやっていて

そこで思い出しました

今は自分の事で手一杯だったのでね

 

今日は11年前の2011年3月11日の話を残したいと思います

当日の当時刻

私は床屋に行きたいという親を、いつもの床屋に送り届けていました

そして、その帰り道、大きな揺れが襲いました

私はとっさに車を端に停めたのを覚えています

かなり揺れてた記憶は今でも鮮明です

 

その後、帰宅

テレビで流れる地震津波情報をずっと見ていました

動く車が川にのまれる映像

本当にアレは悲惨な映像でした・・・

だって、あそこに命はあったのですから

あの光景は今でも覚えています

逃げて欲しかった、車から降りれば助かった命

本当に辛かった

 

親の実家が宮城にあり

親戚も多数いました

その人達とは連絡も取れず

数日して

ネットの安否情報に『無事です』の文字を見つけた時は本当に安堵しました

 

その後の情報としては

親の兄妹の家が津波に流されたようです

でも、誰も亡くなっていなくて本当に良かった

 

ネットで知り合った宮城在住の人も連絡が取れなくなっていましたが

数年後にひょっこりログインしているのを見かけ

「あぁ生きていた」と

 

 

その後、数年はこの話題を避けていました

あの映像は、私の中で衝撃的過ぎて

この時期のテレビは見れませんでした

結局、今も避けています